転移後のすい臓がん|メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

聴診器

転移後のすい臓がん

医者

すい臓がんは、遠隔転移をしやすくなっており、始めに転移する臓器として肝臓があります。ほかにも脳や骨、肺などにもよく転移をしています。肝臓などは、このようにいろいろな場所に遠隔転移している状態をステージ4になります。この状態になると外科的手術を行ないません。治療をする方法は、ジェムザールやTS-1、マイトマイシンCなどの抗癌剤を使った治療と放射線療法がメインになります。苦痛がひどくなっているときには、痛みを取り除くことができる治療やケアを行います。また、標準の治療と一緒に最新の免疫治療を取り入れる患者さんも増えています。沈黙の臓器といわれており、かなりガンが悪化しないと症状を表すことが少ない臓器になります。肺の場合は、苦しい咳や呼吸困難になることもあります。さらに、骨なら病的骨折や痛みなどがあります。脳に転移した時には、部分によってめまいや嘔吐、言語障害になるなどのいろいろな障害が現れるようになります。免疫療法は、人間がもっている本来の免疫機能を樹状細胞っやナチュラルキラー細胞などを活性化させて投与することでがん細胞を死滅して改善しようとしている治療法になります。がんが増えるスピードよりも死滅する数を増やすために投与するスピードなどが大切で、投与することで副作用などもなく、ガン細胞を減らすことができる治療法になっています。すい臓がんのように進行が早くて治療法が限られているときには、このような免疫療法を取り入れることが多くあります。自由診療になるので治療費が高額になりますが、末期がんで苦しむ人にとってはとても救われる治療法として有ります。