浸潤の仕方|メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

聴診器

浸潤の仕方

カウンセリング

いろいろなガンがある中ですい臓がんは、悪性度がたかく、進行が早いこととして多くの人に知られています。特に浸潤性すい臓がんでは、膵液を運ぶ膵管の細胞からあっという間に違う臓器に転移していきます。上皮細胞は、上皮組織を作っている細胞のことをいいます。臓器の表面を覆う細胞ともいえ、すい臓がん以外でも、この上皮細胞からがんが発生することが多くあります。また、上皮細胞の下には、粘膜下層や筋層などの組織が重なっています。ガンは、ゆっくりと浸潤していきます。膵管は、これらの組織がないので、すぐにガンが広まってしまいます。その理由として粘膜が薄いことをあげることができます。また、すい臓はたらこくらいの大きさになっており、すぐに浸潤していきます。

すい臓がんは進行すると十二指腸に転移することになりますが、その時に下痢や腹痛などの消化不良などの症状になっていることがあります。また、すい臓がん患者によく見られることで黄疸が現れることがあります。これは、すい臓からガンがでると近くにある胆管が塞がれてしまいます。そうすることで胆汁の流れが悪くなります。その結果、黄疸が現れるようになり。目が黄色くなることや尿が茶色っぽくなるなどの症状が出てきます。こういった症状が出てくるとすい臓がんは、遠隔転移をするようになります。遠隔転移は、すい臓がんの周りにある神経やリンパ節、血管などに乗っていろいろな臓器などに転移していくことを言います。