抗癌剤で進行を妨げる|メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

聴診器

抗癌剤で進行を妨げる

ハート

すい臓がんを完治するためには、外科手術でガンを摘出することが大切になります。そうすることでガンを根治することができます。しかし、すい臓がんは、早期発見が難しいです。そのため、見つかった時には、ステージ3や4になっていることがあります。このステージ3、4では、外科的手術をすることが難しくなります。手術をするときには、がんが最も多くある場所である、膵頭部にできたがんや十二指腸、胃の一部など摘出する膵頭十二指腸切除術が多く実施されることがあります。またガンの進行によっては、胃を切除しない全胃温存膵頭十二指腸切除術を行うことになります。膵体部や膵尾部のがんは、脾臓などに転移していることもあるので、尾側膵切除術などの手術が多く行われます。ガンがすい臓全体に浸潤しているときには、すい臓を全部取り出す手術を行うこともあります。

他にも手術が出来ないときに行う治療や再発予防として行う抗癌剤治療などを行うこともあります。早期発見ができないこともあるので、化学療法は、治療として大きな希望になる存在になります。最も多く使われている抗癌剤としてジェムザールがあります。この抗癌剤は、少ない投与で高い効果を期待することができ、治療ガイドラインでも標準の治療薬として推奨されている薬になります。しかし、すい臓がんの場合、抗癌剤があまり効きにくいので十分に延命をする効果を得ることができるとはいえません。そこで放射線治療を一緒に行うことができ、X線によって病巣である場所に当ててがん細胞にダメージを与えることができます。抗癌剤と併用することで十分な効果を得ることができ、進行やがん細胞の増殖を防ぐことができるようになります。