メニエール病ってどんな病気なの|原因を確認しよう

病棟

浸潤の仕方

カウンセリング

すい臓がんになるとすぐに進行し、浸潤していきます。浸潤していくことや遠隔転移などについて正しい知識を持っておくことが大切です。十二指腸や胆のうなどに転移することでいろいろな症状をみることができます。

もっと読む

転移後のすい臓がん

医者

すい臓がんは、遠隔転移がしやすく、すぐに肝臓や肺、脳、骨などに転移します。この状態をステージ3以上になり、手術ができない状態になるとステージ4になります。治療法として注目の免疫療法などを行うことでがん細胞を死滅することができます。

もっと読む

専門医に相談する

聴診器

メニエール病とは突然吐き気やめまいなどが来る返される症状が特徴的な病気で病院で治療することが可能です。メニエール病と同じように最近話題になっている自律神経失調症とは特に原因となる病気があるわけでもないのに、度重なるめまいや、息切れ、動悸、不眠などの身体症状や、イライラ、不安、やる気が出ないなどの精神的な症状などを主とした症状の事を言います。 以前は主に内科の専門医が診察していましたが、最近では内科や整形外科などで、目立った症状がない場合は心療内科などで受診するケースが増えています。 治療費は健康保険の診療対象となっており、一般の受診者の場合は3割負担となっています。 治療費は受診する期間や診療機関の種類などによって変化しますが、おおよそ、以下のようになっています。 心療内科・精神科 2000円から4000円程度。 漢方 5000円から10000円程度。 鍼灸治療 2000円から5000円程度。 以上となっています。 通院期間などによっては治療費が高額なものになっていしまいますので、なるべく早く自分に合った治療法を見つけるようにしましょう。

自律神経失調症は特に原因となる病気があるわけではないのですが、社会的ストレスの高まりや高齢化社会を背景に、中高年の男女に自律神経失調症の疑いのある受診者が増えてきています。 中高年は、職場環境の変化や加齢などによるストレスが大きく、心身のバランスを崩しやすいのが一因と考えられます。 今後、高齢化社会が加速する従い、更年期障害などを背景とした自律神経失調症はますます増えてゆくことが予想されます。 もし体調がすぐれず、病院で検査しても原因が判然としない場合は、自律神経失調症を疑う必要があります。 その様な場合は、無理をせず病院で主治医に相談し、自律神経失調症などの可能性も考慮し、専門医を紹介してもらうようにしましょう。

抗癌剤で進行を妨げる

ハート

すい臓がんを完治するためには、外科的手術でガンを摘出することが大切になってきます。しかし、転移などの進行が早いので抗癌剤治療や放射線療法などをすることで進行を防ぐことができます。

もっと読む